リバウンドはなぜ起こる

リバウンドのしくみとは?

リバウンドとはダイエットをして体重が落ちた後、また元の体重に戻ったり、元の体重以上に太ってしまうことをいいます。何度も繰り返していると、どんどん痩せにくい体質となり、リバウンドしやすくなってしまいます。それはなぜなのでしょうか?
食事量を極端に減らしたり、単品ダイエットなど、摂取カロリーだけを減らすだけの方法は、要注意!
必要な栄養素の補給や適度な運動をしないようなダイエットは、体重が減っても筋肉が減少しただけで、脂肪は残ったままなことが多いようです。筋肉が減って代謝が下がっているために、消費カロリーが減ってしまっているのです。
そんな状態で、元の食事量に戻すと……。消費カロリーが減ったところに摂取カロリーを増やすことになり、余ったカロリーは、脂肪となり太ってしまうのです。
これが、いわゆるリバウンド。このメカニズムを知らずに、無理なダイエットを繰り返していると、どんどん痩せにくく、太りやすい体質となっていきがちです。

リバウンドのしくみ

どうして筋肉が減るの?

暑い日には、汗をかきますよね? これは身体が、高くなった体温を冷まそうとして働く無意識の機能です。人間は生命を維持するため、このような環境に適応する能力を持っています。これは、ダイエット中の体内でも働きます。摂取カロリーが減ると、身体は「このまま、カロリー(エネルギー)を摂取できない状態が続くと危険!」と判断します。すると、生命を維持するために、エネルギーを蓄えようとしたり、エネルギーをなるべく使わない身体になろうとするようです。つまり、脂肪を蓄えて、エネルギーを使う筋肉を減らそうとするのです。絶食や単品ダイエットなどの無理なダイエットが、よくないと言われる理由はこれだったのです。

戻る
次へ
   
耳つぼダイエット無料相談へ