こんなに多いダイエット失敗例

痩せない方法の数々

巷には、たくさんの痩せるための方法があふれているのに、なぜやせられないのでしょうか? 実はこれらの方法には、落とし穴がたくさん……。成功のために、どうして失敗するのかを理解しましょう!

りんごダイエット

リンゴ1日3食、りんごを食べるという、りんご三昧の方法。これを3日間続けると、確実に痩せるというもの。根拠は「1日、1個のりんごで医者要らず」という言葉からとも言われている。

成功しないワケ

りんごのカロリーは、1個あたり約160kcal。ごはん1杯分と同じくらいですから、食べる量が減り痩せるといえるでしょう。
しかし、3日間のダイエットを終えてから、栄養バランスが悪くなった身体が足りないものを補おうとして、空腹感が増してきます。それが、リバウンドにつながるのです。

 

ダンベルダイエット

ダンベル筋肉を鍛えて基礎代謝を上げて痩せるという方法。運動しながら、健康的に太りにくい体質になろう! というものです。毎日続けるのが、難点で続かない人が大半だったとか……。

成功しないワケ

筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることは、ダイエットにつながります。しかし、ダンベルを使って鍛えられるのは、ほぼ腕の筋肉のみ。本気で基礎代謝を上げたいのであれば、お腹や背中の大きな筋肉を鍛える必要があります。このダンベルを使った方法は体重を落とす方法ではなく、二の腕のたるみを取るトレーニングといっても過言ではないでしょう。

 

絶食ダイエット

絶食食べると太る、ならば食べなければ痩せるはず。とにかく、カロリーがあるものを一切口にせず、空腹感と戦う方法。過酷だけど、数日間続けると確実に痩せるというもの。断食ダイエットとも言われている。

成功しないワケ

一見究極のダイエット法に見えるかもしれません。しかしこれこそ、やつれてやせる危ない方法といえるでしょう。絶食すると栄養分が入ってこなくなるので、身体は足りない栄養分を筋肉から補います。つまり脂肪が落ちているのではなく、筋肉が減っているのです。絶食して「痩せた!」と思っても、それはやつれているだけです。脂肪は残っているのです。

 

ダイエットの本当の意味

ダイエットの成功とはいったい何か? 体重を落とすことと勘違いしていませんか? ダイエットの本来の意味は、痩身ではなく、身体に不要な物を落として健康的な身体を目指すことです。身体のメカニズムを知って、上手に健康に痩せていきましょう!

戻る
次へ
   
耳つぼダイエット無料相談へ