運動とダイエットの本当の関係

痩身と運動の関係

エアロビクス毎日の生活で消費されるカロリーの60〜70%は、基礎代謝。基礎代謝の基準は、成人男性は約1kcal/kg/時、女性は約0.9kcal/kg/時がおおよその目安です。ダイエットなどで、基礎代謝が下がると、消費されるカロリーが減り、その分、貯蓄されるエネルギーが増えてしまいます。

そのため、ダイエット中は基礎代謝が下がらないように軽い運動を取り入れ、筋肉の量を維持していくことが必要です。これだけ聞くと、運動で消費エネルギーを増やして痩せるというイメージがありますが、そうではありません。スポーツ選手でない限り、運動で消費するエネルギーはごくごくわずか。

運動することの意味

ダイエット中の運動は、基礎代謝を減らさない方法としてとらえるようにしましょう。そうでないと、消費カロリーを増やすために過度の運動をして、ダウンしてしまうかもしれません。健康になるために痩せるのが本来の目的です。身体に負担をかけてしまう方法は、よい方法とはいえません。

●運動で消費されるエネルギー
(1時間あたり)
ウォーキング(80/分)

約220kcal

サイクリング(時速20km)
約240kcal
縄跳び(60回/分)
約440kcal
ゴルフ
約240kcal
ラジオ体操
約240kcal
エアロビックスダンス
約250kcal
トレーニング
初心者
約200kcal
中級者
約400kcal
上級者
約600kcal
ウォーキング
戻る
次へ
   
耳つぼダイエット無料相談へ