接骨

接骨とは

整骨とは骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷を専門とする業です。整骨、接骨またはほねつぎともいわれます。

そもそも『ほねつぎ』とは、道場の師範たちが、代々後世に伝えたり、書物に著した『活法』として伝えられた治療法が理論・統合・体系化され、現代に伝えられたものが、今日の『柔道整復』となったのです。
手術を行わず徒手施術のみで施術をしていきます。


適応症状

素早い応急処置骨折
現代人は運動不足や偏った食生活などで簡単に骨が折れたりひびが入ったりしてしまうということが多くなってきました。
問題になっている高齢者の骨粗しょう症だけでなく子供の骨の弱さも深刻になっています。
骨が折れてしまったり、ひびが入ってしまう状態の修復をします。

脱臼
骨と骨があるべき関節から外れてしまう症状を脱臼といいます。

テーピング捻挫
ひねったりくじいたりして関節は正常でも、腱、筋肉などの組織に軽度の損傷を負っている状態です。寝違いやギックリ腰も捻挫になります。

打撲
うちみ、たんこぶなどのことで強打などの外からの強い圧力によって組織が壊されている状態をいいます。

挫傷
急な動きやはずみで筋肉が損傷してしまい痛みが発生することを言います。 こむら返り、肉離れ、痙攣などです。

戻る
次へ
   
お気軽にご相談下さい。